iPadのウィルス対策ソフトがなぜほとんど存在しないのか

iPadのウィルス対策ソフトは広く知られていない

iPadを使用している人にとって、ウィルス対策ソフトを探しても見つからなかったからそのまま入れていないという人が少なくありません。なぜなら、他のタブレットとは異なりiPadはApple社が1社のみで設計して販売しているので、利用可能なアプリには原則としてApple社のチェックが入るからです。

APP Storeでウィルス対策ソフトの販売を認めていない

iPadにウィルス対策ソフトを導入する必要が無いことは、Apple社の方針により個人が使用するアプリはAPP Store以外から購入出来ない仕組みとなっているからです。APP Storeにアプリを掲載するためには、厳しい審査を経る必要があるのでアプリ入手時点で既にウィルスが混入しないように対策が行われています。確かに企業向けユースでは、法人向け管理アカウントを持っていればiOSデバイスに対してMDM経由で外部アプリを導入することが可能です。しかし、法人向け管理アカウント経由で起きたウィルス混入については、Apple社で責任を負う必要が無いためにMDM運用をしている法人に全責任があるという立場をApple社では採用しています。

iPadのアプリは独自のサンドボックス内のみで動作する

iPadのアプリは、iOSが稼働したデバイス内にある独自のサンドボックス内のみで動作するように設計されています。iOSが動作する範囲にはアプリ経由でアクセス出来ない仕様となっているからこそ、iPadのセキュリティーは強固です。最初からiOSの稼働範囲とiPad上で動く範囲を分けることで、互いに影響を与えないように作られています。

関連する記事