ipadの耐用年数はどれくらいか?

ipadというのはパソコンに近い存在ではあるものの、持ち運びに優れており、外出先でも使用可能です。
そういった点から使用頻度が高まる傾向にありますが、耐用年数がどれくらいか?というのは気になるでしょう。
どれくらい使えるのか?というのは目安としての数字を知っておくと良いです。

ipadの耐用年数の一般的な目安

ipadというのはいろいろなモデルが発売されているものの、それぞれごとに耐用年数が大きく異なるということはありません。
ipadの耐用年数に関しては、製品を販売しているAppleがそもそも公表しています。
各自の使用頻度にも左右されるので、全てが同じとは限らないものの、基本的な目安としては3年間となっているのです。

つまり、3年程度経過すれば、何らかの故障などが起き、ipadが使えなくなるとしても不思議ではないということです。
ある程度高価な品だけに3年というのはちょっと短い感覚になるかもしれないです。
ただ、ipadの本体の耐用年数はこれくらいの数字ですが、さらに重要なのはバッテリーの問題になります。

ipadのバッテリーは本体よりも早くダメになる

本体は3年間というのが目安になりますが、バッテリーについては実は2年ほどでダメになるとされています。
バッテリーは一応交換が可能ではあるものの、バッテリーの耐用年数はipad本体よりも短いのです。
しかし、バッテリーに関しては充電回数にも影響を受けるので、使用頻度が高くなくて重電をするペースが遅い人に関しては、もっと長持ちする可能性は大いにあります。

バッテリーの耐用年数に関しては、ipad本体の耐用年数よりもばらつきがあると考えられるのです。
充電を頻繁にする人とそうじゃない人では、バッテリーの耐用年数にも影響するということで、ipadを使うときにはそこは考慮しておきましょう。

関連する記事