「iPadデビュー前に知っておくとよい話」カテゴリーアーカイブ

ipadの耐用年数はどれくらいか?

ipadというのはパソコンに近い存在ではあるものの、持ち運びに優れており、外出先でも使用可能です。
そういった点から使用頻度が高まる傾向にありますが、耐用年数がどれくらいか?というのは気になるでしょう。
どれくらい使えるのか?というのは目安としての数字を知っておくと良いです。

ipadの耐用年数の一般的な目安

ipadというのはいろいろなモデルが発売されているものの、それぞれごとに耐用年数が大きく異なるということはありません。
ipadの耐用年数に関しては、製品を販売しているAppleがそもそも公表しています。
各自の使用頻度にも左右されるので、全てが同じとは限らないものの、基本的な目安としては3年間となっているのです。

つまり、3年程度経過すれば、何らかの故障などが起き、ipadが使えなくなるとしても不思議ではないということです。
ある程度高価な品だけに3年というのはちょっと短い感覚になるかもしれないです。
ただ、ipadの本体の耐用年数はこれくらいの数字ですが、さらに重要なのはバッテリーの問題になります。

ipadのバッテリーは本体よりも早くダメになる

本体は3年間というのが目安になりますが、バッテリーについては実は2年ほどでダメになるとされています。
バッテリーは一応交換が可能ではあるものの、バッテリーの耐用年数はipad本体よりも短いのです。
しかし、バッテリーに関しては充電回数にも影響を受けるので、使用頻度が高くなくて重電をするペースが遅い人に関しては、もっと長持ちする可能性は大いにあります。

バッテリーの耐用年数に関しては、ipad本体の耐用年数よりもばらつきがあると考えられるのです。
充電を頻繁にする人とそうじゃない人では、バッテリーの耐用年数にも影響するということで、ipadを使うときにはそこは考慮しておきましょう。

ipadのタッチパネルが反応しない原因

ipadというのはタッチパネルをなぞって使用するという使い方になりますが、このタッチパネルが反応しないという状況になることがあります。
タッチパネルの反応が悪い、または全く反応しないとipadの使用に支障が出ているので、なんとか早くすぐに対処しないといけません。
問題は原因がどこにあるのか?そして、どうやって対処すれば良いのか?ということになります。

ipadのタッチパネルが反応が悪いときの対処法

ipadのタッチパネルが反応しないときには、簡単にできる対処法を実践していきましょう。
たいていの場合にはこういった方法で直すことができます。

再起動をしてみる

強制的に再起動をすることで、タッチパネルの状況が正常に戻ることがあります。
パソコンでもフリーズしたときには再起動することで直ることが普通にありますから。

iOSを最新のものに更新する

ipadのiOSを最新のものにアップデートしましょう。
これでipadのタッチパネルがちゃんと反応するようになるケースもあるので、知っておくと良いと思います。

初期化を行う

これはデータのバックアップをしている状況じゃないとやりづらいですが、ipadの初期化をすることで直る場合があります。
データ全て消えることになりますけど、可能ならばリカバリーモードを選択し、そこから初期化をするということをしていきましょう。

ディスプレイ自体に問題がある可能性もある

ipadの中身ではなく、ディスプレイに問題があるという場合も考えられます。
この場合には試行錯誤をしても直らない可能性が高いので、現実的には修理をしてもらうという選択肢になるでしょう。
特に上記3つの策を講じても直らないときには修理に出すということを考えた方が良いです。

ipadの修理に関しては有償または無償になりますけど、知っておかないといけないのは一定期間ipadが使えなくなるということです。
1週間程度は修理にかかる可能性があるので、そういった想定が必要になります。
ただ、修理に出せば何が原因なのか?という点もはっきりする可能性があり、元に戻る可能性は高いと言えるでしょうから、自分で試行錯誤してどうにもならないときには早めに修理に出すのが賢明と言えます。

iPadのウィルス対策ソフトがなぜほとんど存在しないのか

iPadのウィルス対策ソフトは広く知られていない

iPadを使用している人にとって、ウィルス対策ソフトを探しても見つからなかったからそのまま入れていないという人が少なくありません。なぜなら、他のタブレットとは異なりiPadはApple社が1社のみで設計して販売しているので、利用可能なアプリには原則としてApple社のチェックが入るからです。

APP Storeでウィルス対策ソフトの販売を認めていない

iPadにウィルス対策ソフトを導入する必要が無いことは、Apple社の方針により個人が使用するアプリはAPP Store以外から購入出来ない仕組みとなっているからです。APP Storeにアプリを掲載するためには、厳しい審査を経る必要があるのでアプリ入手時点で既にウィルスが混入しないように対策が行われています。確かに企業向けユースでは、法人向け管理アカウントを持っていればiOSデバイスに対してMDM経由で外部アプリを導入することが可能です。しかし、法人向け管理アカウント経由で起きたウィルス混入については、Apple社で責任を負う必要が無いためにMDM運用をしている法人に全責任があるという立場をApple社では採用しています。

iPadのアプリは独自のサンドボックス内のみで動作する

iPadのアプリは、iOSが稼働したデバイス内にある独自のサンドボックス内のみで動作するように設計されています。iOSが動作する範囲にはアプリ経由でアクセス出来ない仕様となっているからこそ、iPadのセキュリティーは強固です。最初からiOSの稼働範囲とiPad上で動く範囲を分けることで、互いに影響を与えないように作られています。